有機農園ファーミン To Home  
   
自然農法実証圃場のモニタリング
  
 
こちらに紹介します圃場は、当有機農園ファーミンの有機JAS登録認定機関でもあります 「公益財団法人 自然農法国際研究開発センター」さんにより「自然農法実証圃場」として選定されており、現在栽培中の米について使用資材等も合わせてモニタリング してまいります。

モニタリングするこの5番ほ場は、栽培開始の2005年から2013年までホタルイに始まり数年でおとなしくなると今度はコナギに悩まされる、いわゆる雑草多発田で収量も低迷しておりましたが、2014年から早期入水しEM活性液も早期投入し、長期間湛水複数回代掻きに切り替えたところ、それ以降田面のトロ層も厚くなり、これらの水田植物(雑草)は発芽しなくなり、収量も大幅に増収しました。

また、この他の圃場でも同様の管理に切り替えたところ70%以上の圃場で水田植物の発生を抑制できるようになりました。

  モニタリングする圃場
圃場の名称:5 番ほ場
面積:26a

栽培品種:ササニシキ
認定:有機JAS
有機管理開始年:2005年
生産行程管理者:
有機農園ファーミン
E-mail:office@farmin.jp
圃場所在地:
宮城県 登米市 中田町 浅水 字 元待井114

地図 

※当農園では無肥料栽培圃場を除いては他圃場でも同様の管理(資材量はほ場により調整)を行っています
 
  2017年産米の栽培経過(降順)  
     
2017年5月5日 湛水管理
代掻き後は抑草のためトロ層増大を一番に考え、早朝入水・朝止水を行い、田面を水面から出さないよう水深5cm程度を心掛けて、地温上昇が最大限になるようにして管理



2017年5月5日 代掻き1
EM活性液 26L(10L/10a)をトラクターで流し込みながら代掻き
トラクター中速、PTO 1 、外周部 低速 PTO 2 中浅代掻き
 


2017年5月2日 入水開始
トラクター故障のため最終耕起は行わず入水



2017年4月26日 散布
EMボカシ 130 kg(50 kg /10a)、あらびき天日塩32.5kg(12.5kg/10a) ブロードキャスターで散布

2017年4月19日 畦塗り

2017年2月27日 耕起2
耕深8〜10cm、PTO1



2017年2月27日 土の状態
2/27の耕起をする前の土はポロポロの団粒構造



2016年12月5日 耕起1
耕深7〜8cm、PTO1 ※写真は昨年の流用



2016年12月5日 散布
ミックス散布液 (EM活性液 25 %、光合成細菌培養液 5 % 、水70% )104 L(40L/10a)を動噴にて散布



2016年11月20日 散布 
米ヌカ 360 kg(135 kg /10a) ブロードキャスターで散布
  2016年産米の栽培経過

育苗の管理記録
(2016年)


平年の管理記録(表)

使用資材について

自家製EM活性液(1%活性液)1000Lのレシピ
・EM1:10L
・糖蜜:20L
・天日塩:10kg
・汲み置き温水:965L
上記の材料をよく混ぜて1000Lタンクに入れ37℃に加温・密閉し、発酵時のガスはチェックバルブにて抜き、5〜7日でph3.4以下に下がったら使用液とする



自家製光合成細菌培養液50Lのレシピ
・EM3:5L
・魚ソリュブル:0.25L
・水道水:44.75L
上記の材料を気密性の良い透明又は半透明な容器に入れ撹拌して密閉し、ハウスの中など光と温度の取れるところに置いて3〜4週培養し赤味が強くなったら使用液とする。
また、この液を5Lの種菌にしてEM3を少量足して2次培養液を作ることも可能


自家製EMボカシ100 kg のレシピ
・米糠:53 kg
・籾殻:70 L
・バイオノ有機s:16 kg
・新鮮なオカラ:14 kg
・粉砕天日塩:1.8 kg
・EMセラ発酵C:20 g
・EM活性液:11L
上記の材料をミキサーで混ぜ合わせモミガラ袋に20 kg ずつ入れて密封し積算温度で600日℃程発酵させてから使用



バイオノ有機s
米糠とフィッシュソリュブル(魚を煮て煮詰めた汁)を粒状に固焼きした資材

EM散布の友
しょうゆ油を使用したカリ石けん(液体)

EM7
有用微生物の代謝物質、植物抽出物、セラミックス、ミネラルが主成分

有機農園ファーミン Home     育苗の記録 
Copyright Organic Farm Farmin all right reserved