本文へジャンプ

有機農園ファーミン
TOPページ
就農のきっかけ
ポリシー
産地・農園の紹介
栽培のこだわり
ササニシキ
たきたて 
つや姫 
ひとめぼれ
ブレンド[和み]
宮城米セット
選べる4.8kgパックセット 
選べる2kgパックセット 
販売について/
特定商取引法
EM農法とは
有機JASと特別栽培
お問い合わせ
NGOへの寄付
ファーミン米の
炊き方
米の保存方法
当地の普段汁

有機農園ファーミン
〒987-0611宮城県
登米市中田町浅水
字西川面195
tel: 0220-34-7113
fax: 0220-34-5610
mail: office@farmin.jp

代表:及川正喜
→最新の寄付金(募金)の状況
飢餓を無くす。生きた農地を取り戻す。
そういう事への私たちの協力。
米代金の中からキロ数に応じた金額を寄付します。又、ご購入者様負担による任意寄付も用意しています。
NGOへの寄付について
 有機農園ファーミンでは、農園ホームページでご購入していただいた米について、ご購入者様のお支払いする米代金の中から米のキロ数に応じた金額をNGOに送金し、途上国の支援にあてさせてもらっています(お支払いいただく米代金は変わりません)。
また、上記とは別にご購入者様負担の「NGO任意寄付」も承っています。(共に募金人名は有機農園ファーミンになります)

Q. なぜNGOなのか?

A. 当農園が.主食である米を生産する農家ゆえ、食料不足による飢餓や栄養失調の根絶、過度の農薬や化学肥料の使用で疲弊した農地を蘇らせ持続可能な農業環境を作るために、そのプログラムに携わる人びとのサポートをするためです。また、農業関係以外でも、人道的な難民支援等も必要と考えています。
日本のNGOは概して、大きな支持母体に支えられているわけではなく、一般からの寄付も欧米に比べ少なく手弁当的な活動も多く行われており、慢性的に資金不足の状態にあります。
大規模な自然災害が起きれば一時的に募金は集まりますが、常態的に行われている支援活動は常態的な資金がなければそのプログラムを実行できません。
政府の途上国支援は、国益が優先するするので、関係国以外の支援はあまり行われませんが、NGO支援では必要としている人々によりきめ細かな支援活動が行われています。

「NGO募金(寄付付購入)」は「不偏、不党、中立」を前提とし、ご購入者様の、より多くの人のより多様な考えを反映する目的で「国際協力NGOセンター」さんを通じて農業開発や飢餓救済等を行っているNGO に振り分けて送金を行ってもらっています。 ( この募金(寄付)活動は「国際協力NGOセンター」さんに了承を得ています。)

途上国の現状や、支援活動につきましては下記のNGOへのリンクでご覧下さい。

「国際協力NGOセンター(JANIC)」へのリンク 

JANICサポート募金へのリンク

寄付金額(米代の中から寄付します) 
米1袋につき 5kgで50円、10kgで100円、30kgで300円。

NGO任意寄付
有機農園ファーミンではショッピングカートにてご購入者様のNGOへの任意寄付をお預かりしておりますので( 1口 50円)米のご購入時に一緒に「NGO任意寄付」をお求め下さい。月に一度米代の中からの寄付金と一緒に「国際協力NGOセンター(JANIC)」へ送金いたします。
※当農園からの、任意寄付単体の領収書は発行いたしません(米代金との合計金額の領収書はご希望者のみ発行いたします)。また、送金証明のための、月々のJANICからの領収書の宛先は、米代金の中からの寄付と共に「有機農園ファーミン」となります。