本文へジャンプ

有機農園ファーミン
→最新の寄付金(募金)の状況
飢餓を無くす。生きた農地を取り戻す。平和に暮らせる環境を創出する。
そういう事への私たちの協力。
米代金の中からキロ数に応じた金額を寄付します。
 
NGOへの寄付について
 有機農園ファーミンでは、農園ホームページからご購入していただいた米について、ご購入者様のお支払いする米代金の中から米のキロ数に応じた金額をNGOに送金し、途上国の支援にあてさせてもらっています(お支払いいただく米代金は変わりません)。

Q. なぜNGOなのか?

A. 当農園が.主食である米を生産する農家ゆえ、食料不足による飢餓や栄養失調の根絶、過度の農薬や化学肥料の使用で疲弊した農地を蘇らせ持続可能な農業環境を作るために、そのプログラムに携わる人びとのサポートをするためです。また、農業関係以外でも、人道的な難民支援等も必要と考えています。
日本のNGOは概して、大きな支持母体に支えられているわけではなく、一般からの寄付も欧米に比べ少なく手弁当的な活動も多く行われており、慢性的に資金不足の状態にあります。
大規模な自然災害が起きれば一時的に募金は集まりますが、常態的に行われている支援活動は常態的な資金がなければそのプログラムを実行できません。
政府の途上国支援は、国益が優先するするので、関係国以外の支援はあまり行われませんが、NGO支援では必要としている人々によりきめ細かな支援活動が行われています。

「NGO寄付(寄付付購入)」は 2007年10月分より開始し、「不偏、不党、中立」を前提とし、ご購入者様の、より多くの人の・より多様な考えを反映する目的で「国際協力NGOセンター」さんを通じまして「農業・農村開発募金」、「平和構築・難民支援募金」、「緊急支援活動」等へ参加している各NGO団体へ寄付してまいりましたが、2017年4月よりJANICの「NGOサポート募金」の活動が停止したため、翌月からは直接NGO団体への寄付を行っております。もちろん「不偏、不党、中立」の前提は変わりません。

途上国の現状や、支援活動につきましては下記のNGOへのリンクでご覧下さい。
国際協力NGOセンター(JANIC)
NGO諸団体検索(JANIC website)

寄付金額(米代の中から寄付します) 
・「和みsince15」以外の品種
米、5kgにつき50円(10kgで100円、20kgで200円、30kgで300円)

・「和みsince15」
米、5kgにつき100円