脱気パック(一般に真空パック)への変更について

 米は気温が20℃以上で虫が発生しやすくなり、25℃を超えると品質に変化が生じてきます。特に湿度が高くなる梅雨以降は通常の袋での長期常温保存ではカビが生えたりする可能性が高まります。この時期、冷蔵庫では1ヶ月以上大丈夫ですが関東以南の温かいところでは常温で2〜3週間くらいで品質変化が始まります。
→米の保存ページ

 そこで夏場の高温多湿による品質変化を防ぐ目的で4.8kg入りの脱気パックを用意して従来のクラフト袋でお届けか、脱気パックでお届けかをお選びいただけるようにいたします。酸素をカットした状態では常温でも通常の2倍から3倍長持ちします。
 手前どもの都合ですが資材代と作業時間が増えますのでその分、分量で調整させていただきます。

具体的には、クラフト袋、脱気パックそれぞれ同料金

クラフト袋5kg = 脱気パック4.8kg
クラフト袋10kg = 脱気パック4.8kg×2パック(9.6kg)
クラフト袋10kg×2パック = 脱気パック4.8kg×4パック(19.2kg)
クラフト袋10kg×3パック = 脱気パック4.8kg×6パック(28.8kg)

クラフト袋3kg×3パック = 脱気パック2.8kg×3パック(8.4kg)
※宮城米セットのみの設定です

冷蔵庫で保存されるか、早めに食べ切れない場合は、脱気パックをお勧めいたします。
脱気パックでのお届けをご希望の場合は、ショッピングカート入力ページの備考欄に「脱気パック希望」とお書きください(年間予約の場合は、いつからかもお知らせください)。また、電話でも承ります。 

クラフト袋と脱気パックの比較(玄米、精米とも)
こちらは宮城米セットのみ
または
 3kg×3     2.8kg×3
または
 5kg         4.8kg
  または 
      10kg          4.8kg×2 (9.6kg)
  または
   20kg         4.8kg×4 (19.2kg)
 または
    30kg           4.8kg×6 (28.8kg)

玄米を発芽させてお召し上がる方へ
 長期の脱気パックでの保存で発芽率が下がるという報告を受けております。
当農園でも実験しましたが、9ヶ月脱気したものではやはり発芽力が弱く発芽率が低下しておりました。エチレンガスの影響か低酸素状態でのEMによる発酵作用か他の原因かは分かりませんが、追跡調査する必要があると思っています。
ちなみに3ヶ月脱気したものでは発芽率に変化がありませんでした。




有機農園ファーミン http://farmin.jp/